安全健康基本方針

加賀東芝エレクトロニクス株式会社は、人間尊重を旨とする『東芝グループ経営理念』に基づき、CSR経営推進企業として世界各国の文化や慣習を尊重しながら、持続可能な社会の実現に貢献する事業活動を展開していきます。
そのために、全ての事業活動において生命、安全、法令遵守を最優先し、当社をあげて「安全で快適な職場環境づくりと心身の健康保持増進」を推進します。

  1. 安全健康を経営の最重要課題の一つに位置づけ、「安全健康管理活動の継続的な改善」により「業務に起因する負傷および疾病の予防」に努めます。
  2. 労働安全衛生法規等および当社が履行することを決めた指針および自主基準等を遵守します。
  3. 次の事項について目的・目標を定め、実行します。

    (1)労働災害や職業性疾病の撲滅ならびにこれらを誘発する危険源の除去およびリスクの低減
    従業員一人ひとりの危険やエラーに対する感度を向上させると共に、特に以下のリスクにおいて会社の実態に即した低減対策に注力する。

    1. ① 業務プロセス全般に係わる定常・非定常作業、メンテナンス・緊急事態等の作業に起因するリスク
    2. ② 設備の新規導入・移設・改造・レイアウト変更などにおける設備・環境面に起因するリスク
    3. ③ 化学物質等の危険・有害性におけるリスク

    (2)交通事故を誘発するリスク、特に人的要因リスクの抽出と管理策の推進する。

    (3)全従業員が個々の能力を十分発揮するための心身の健康保持増進
    特にメンタルヘルスならびに生活習慣病等の改善と効果的支援策に注力する。

  4. “聴き合い、語り合う”活発なコミュニケーションにより職場内や職場間の連携を強化し、より働きやすく、明るい活気ある職場体制を構築します。
  5. 当社の事業にかかわる多様な立場の働く人々およびその代表と安全健康への取組みを適切に協議し、参加を支援します。
  6. 各種の安全健康コミュニケーションを通じ、社会の安全健康管理水準の向上に貢献します。

▲ トップへ戻る